小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団inner child主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。出演作にてあらゆるスパイス(?)をふりまき、さらなる弾みをつけたいともくろむ“シンデレラおじさん”。4月期は月9ドラマ「SUITS/スーツ2」(フジテレビ系)、連続ドラマW「鉄の骨」(4/18スタート)、「いいね!光源氏くん」(NHK、土曜23時30分~)に出演。

秀逸なるEXIT 芸人さんのブレークは役者以上に人生変わる

公開日: 更新日:

 まぁ正確に「尊過ぎて死ぬ」の意に寄せるなら、「お隠れになる」自体が「やんごとなき」人に使う敬語で自分まで尊いことになるので、「やんごとなさすぎて身罷る」くらいがいいのかな(マジメか!)。

 芸人さんのブレークは、役者のそれ以上に劇的に人生が変わると思われます。基本的に「ハレ」の職業ですし、常に華々しいイメージを背負っている。当然、いろいろあるんだろうとは思います。でも僕の知る限り、普段の皆さんは芸風を問わず、とても謙虚で冷静です。

 数日後、別スタジオで偶然EXITのお2人と会った際、丁寧にご挨拶してくださいました。面識のある芸人さんが増えてきたことをとても光栄に思うし、今後もたくさんの芸人さんから多くを学んでいきたいです(でもバラエティーはまったく慣れない)。

【今週の格言】
 私たちはいわば2回この世に生まれる。1回目は存在するために、2回目は生きるために。 (by ジャン=ジャック・ルソー)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る