小手伸也
著者のコラム一覧
小手伸也

1973年、神奈川県生まれ、早稲田大学卒。劇団inner child主宰、作家、演出家、俳優、声優の何でも屋。出演作にてあらゆるスパイス(?)をふりまき、さらなる弾みをつけたいともくろむ“シンデレラおじさん”。4月期は月9ドラマ「SUITS/スーツ2」(フジテレビ系)、連続ドラマW「鉄の骨」(4/18スタート)、「いいね!光源氏くん」(NHK、土曜23時30分~)に出演。

秀逸なるEXIT 芸人さんのブレークは役者以上に人生変わる

公開日: 更新日:

 7月(夏)クールの撮影が終わり、10月(秋)クールの撮影前……。こうした「クール間」の時期はちょっとした休み期間のはずなんですが、大変ありがたいことにバラエティーのお仕事で存分に忙しい(うれしい悲鳴)小手伸也です。

 そんな中、呼んでいただいた「メレンゲの気持ち」(日本テレビ系)ですが、その時初めてEXITのお2人とお会いしました。ネタは以前から拝見しており、その〈ネオ渋谷系漫談〉から繰り出されるチャラいノリ、その奥に見え隠れする苦労ゆえの生存戦略、お2人の人柄の良さなど注目ポイントはかなりあるんですが(僕、お笑い好きなんですよ)、やはり特筆すべきは「チャラ語」のチョイス。特に「やんごとなさすぎてお隠れになる~」は、彼らの古典系ワードの中でも秀逸かなと!

 僕自身、古文書が好きなこともあって番組中に古語として正確に翻訳したら、久本雅美さんに「マジメか!」とツッコまれましたが(苦笑い)、分かる人にはその使用法のミスマッチ感にクスッとくるし、古文の授業で何となく覚えてるとか、分からなくても語感がおもしろいとか、いろんな人に違った響き方をするあたり、相当練られているなと!

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  8. 8

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  9. 9

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る