てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

EXIT・兼近にとっての「チャラさ」とは古い価値観の更新

公開日: 更新日:

「シーフードさん」(EXIT兼近大樹フジテレビ「さんまのお笑い向上委員会」6月22日放送)

  ◇  ◇  ◇

 昨今、注目を浴びる「お笑い第7世代」。中でも異彩を放っているのが「ネオ渋谷系漫才師」と称される、りんたろー。と兼近大樹によるEXITだ。「チャラ男」を自称しながら、人の良さと真面目さがにじみ出ており、それがキャラであることが早々にバレてしまった。けれど、そのギャップが人気を集めているゆえんだ。

 だが、「チャラさ」が先輩に対しても臆せず向かっていくという意味ならば、そのチャラさはある意味ホンモノだ。兼近は大御所である明石家さんまに対しても、キャラを貫いた。そんなさんまへの兼近流の呼称が今週の言葉だ。

 兼近が臆さないのは先輩に対してだけではない。権威ある「M―1グランプリ」(テレビ朝日)に対しても、「おじさんたちがただ見ているだけでしょう。オレたち、令和の芸人だから、そんなのどうだっていいです。漫才を新しく作り変える、それがEXIT」(オリコン「ORICON NEWS」19年6月17日)と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊藤健太郎“有頂天”からの転落 よぎる3年前のひき逃げ事件

  2. 2

    伊藤健太郎のひき逃げ逮捕で注目された「野村周平」のナゼ

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」作詞の加賀大介と松井秀喜の意外な縁

  4. 4

    私がラミレス監督を「これぞ、監督!」と評価し続けたワケ

  5. 5

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  6. 6

    預金封鎖、資産税、暗号資産、ハイパーインフレを警戒せよ

  7. 7

    8カ月で復帰したビートたけしと徳井義実の“決定的な違い”

  8. 8

    土屋太鳳がまた…桜田通との抱擁撮でさらに女性を敵に回す

  9. 9

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  10. 10

    小川彩佳「NEWS23」産休から復帰も…早くもリストラ降板説

もっと見る