てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年福岡県生まれ、静岡育ち。福島在住の会社員時代、お笑い、格闘技、ドラマなどをこよなく愛する〝テレビっ子〟をこじれせ、「てれびのスキマ」というブログを開始。その独特な観察眼が水道橋博士などに評価され、新進気鋭のテレビライターとなる。「タモリ学 タモリにとって『タモリ』とは何か?」(イースト・プレス)、「コントに捧げた内村光良の怒り」(コア新書)など著書多数。

EXIT・兼近にとっての「チャラさ」とは古い価値観の更新

公開日: 更新日:

「シーフードさん」(EXIT兼近大樹/フジテレビ「さんまのお笑い向上委員会」6月22日放送)

  ◇  ◇  ◇

 昨今、注目を浴びる「お笑い第7世代」。中でも異彩を放っているのが「ネオ渋谷系漫才師」と称される、りんたろー。と兼近大樹によるEXITだ。「チャラ男」を自称しながら、人の良さと真面目さがにじみ出ており、それがキャラであることが早々にバレてしまった。けれど、そのギャップが人気を集めているゆえんだ。

 だが、「チャラさ」が先輩に対しても臆せず向かっていくという意味ならば、そのチャラさはある意味ホンモノだ。兼近は大御所である明石家さんまに対しても、キャラを貫いた。そんなさんまへの兼近流の呼称が今週の言葉だ。

 兼近が臆さないのは先輩に対してだけではない。権威ある「M―1グランプリ」(テレビ朝日)に対しても、「おじさんたちがただ見ているだけでしょう。オレたち、令和の芸人だから、そんなのどうだっていいです。漫才を新しく作り変える、それがEXIT」(オリコン「ORICON NEWS」19年6月17日)と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    金丸信吾氏「拉致問題解決は国交正常化こそが一番の近道」

  2. 2

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  3. 3

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    大場久美子さん 家で「365日3食」利用できる子ども食堂を

  6. 6

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  7. 7

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  8. 8

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  9. 9

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  10. 10

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る