「奪い愛、夏」で開眼…33歳小池徹平が“顔芸”で成功のワケ

公開日: 更新日:

 “顔芸”が代名詞になるのだろうか――9月26日に最終話が配信された水野美紀(45)主演ドラマ「奪い愛、夏」(AbemaTV)に出演した小池徹平(33)の話。

 顔芸とは、面白い顔をして笑いを取る芸のことだが、ドラマでは視聴者を引きつけるオーバーな顔の演技を指したりもする。

 “第一人者”は香川照之(53)あたりか。

 で、小池の「奪い愛」での顔芸に、ネット上は〈狂気がヤバイ〉〈新しい一面を見た〉などと大盛り上がりなのだ。

「『奪い愛』は恋愛ドラマですが、主演の水野をはじめ、松本まりか、小手伸也田中みな実などの怪演がホラー映画よりも怖いと話題に。序盤は水野の鬼気迫るような、振り切った演技に圧倒されましたが、終盤は優しい笑顔から急変する小池の狂気じみた顔芸から目が離せなくなった。顔芸のバリエーションも豊富で、小池のぶっ壊れた演技が際立っていましたね」(テレビ誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  5. 5

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る