「奪い愛、夏」で開眼…33歳小池徹平が“顔芸”で成功のワケ

公開日: 更新日:

 “顔芸”が代名詞になるのだろうか――9月26日に最終話が配信された水野美紀(45)主演ドラマ「奪い愛、夏」(AbemaTV)に出演した小池徹平(33)の話。

 顔芸とは、面白い顔をして笑いを取る芸のことだが、ドラマでは視聴者を引きつけるオーバーな顔の演技を指したりもする。

 “第一人者”は香川照之(53)あたりか。

 で、小池の「奪い愛」での顔芸に、ネット上は〈狂気がヤバイ〉〈新しい一面を見た〉などと大盛り上がりなのだ。

「『奪い愛』は恋愛ドラマですが、主演の水野をはじめ、松本まりか、小手伸也、田中みな実などの怪演がホラー映画よりも怖いと話題に。序盤は水野の鬼気迫るような、振り切った演技に圧倒されましたが、終盤は優しい笑顔から急変する小池の狂気じみた顔芸から目が離せなくなった。顔芸のバリエーションも豊富で、小池のぶっ壊れた演技が際立っていましたね」(テレビ誌記者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る