サメフ・ゾアビ監督「表現を諦めたら状況認めるのと同じ」

公開日: 更新日:

 肌の色も顔もほとんど同じなのに、同じ釜の飯が食えない。そんな民族対立の続くパレスチナ問題の要衝エルサレムで、メロドラマ制作のためにパレスチナの青年脚本家とイスラエルの軍司令官が手を組む――。世界で映画各賞受賞の話題作「テルアビブ・オン・ファイア」は、パレスチナ人のサメフ・ゾアビ監督(44)が世知辛い情勢をユーモアで切ったコメディーだ。

 ――高い分離壁の張り巡らされたエルサレムですが、言論や表現、映画製作に壁は?

「たくさんありますよ。とくに本作は言ってみれば全部が政治的ですからね。パレスチナ問題を映画にした作品は他にもありますけど、ほとんどが悲惨な状況が売りというようなドキュメンタリーだったりするし、見る側も、そんな状況を学びたがったりする。コメディーなんて言うと、最初は軽んじられるのが落ちでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2

    「赤い公園」津野米咲さんが29歳で急死 SMAPにも楽曲提供

  3. 3

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

  4. 4

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  5. 5

    村山由佳「風は西から」にはワタミの真実が描かれている

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

  8. 8

    中野雅至氏 菅政権の小さな政府路線と1億総ゴマカシの限界

  9. 9

    石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る