山田孝之「全裸監督」村西とおるも舌を巻く“豪快な私生活”

公開日: 更新日:

 8月に配信がスタートしたNetflixドラマ「全裸監督」を見て、山田孝之(35)の演技に驚いた視聴者も多いはず。

 AV界の帝王・村西とおる(71)の半生を描いたドラマだが、山田、上半身裸の白いブリーフ一丁の姿で大きなビデオカメラを肩に担いで、「ナイスですね~」などの村西語録を連発。村西が発案とされる「駅弁ファック」も全力で披露した。

「『全裸監督』の出演で、地上波のドラマやCMの仕事が減るリスクを案じた村西に対し、山田が『僕は役者であってCMタレントじゃない。これで仕事が来なくなっても一向に構いません』と語っています。山田の視野はすでにテレビの外。ネットでつながる世界を見据えているということでしょう」(芸能ライター・弘世一紀氏)

 そんな山田は、プライベートも豪快なことで知られている。昨年5月に放送された「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)で、山田は飲み屋でたまたま隣に座った人と仲良くなったり、スナックで知り合った男性と一緒にドライブしたと明かした。芸能人であるという意識が希薄なのだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  3. 3

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  4. 4

    木村花さん死去「テラハ」敏腕プロデューサーM女史の評判

  5. 5

    テラハ木村花さん死去 フジテレビにのしかかる3つの大問題

  6. 6

    コロナ禍で暴力団のシノギも壊滅 上層部が今叫ぶべきは?

  7. 7

    NEWS手越の厳罰断行 円満退社で一致も滝沢氏の苦しい胸中

  8. 8

    増える芸能人の政治的発言 背景に“CM依存体質”からの脱却

  9. 9

    殴られ踏みつけられ…ビートたけしを激撮したカメラマン魂

  10. 10

    安倍首相がG7で批判逃れ 帰国後に隔離生活で“雲隠れ”画策

もっと見る