明大在学中のたけしが「コメディアンになりたいんだけど」

公開日: 更新日:

ビートたけし(北野武)<前編>

「アッハハハー」と響き渡る笑い声。「人生笑ったもん勝ちですよ」と話す、浅草演芸ホール会長の松倉久幸さん(83)は中学卒業後、父親の宇七(うひち)氏に付いて長野から上京した。浅草の芸能世界に飛び込んで70年になる。長年、浅草演芸ホール・東洋館(旧フランス座)を経営してきた。由利徹、三波伸介、伴淳三郎、萩本欽一、伊東四朗、東八郎、ビートたけし――。数多くのコメディアンが修業し、羽ばたいていった。彼らとの出会いで得た人生哲学を紹介する。

  ◇  ◇  ◇

 70年安保に敗れ去ったころ、明治大学工学部在学中のたけしは「生きる道」を模索し、浅草の街を歩いていた。ある時、浅草フランス座の前を通りかかると「コント出演・深見千三郎」と書かれているのを目にする。

「ストリップと軽演劇を行っていたロック座を売却したころです。ロック座は、1947年にできて日本初のストリップ専門の常設劇場。そこで活躍していた深見千三郎と兼子二郎(のちのビートきよし)らは、舞台を求めてフランス座に移ってきた。タケ(ビートたけし)が入ってきたのはそのころですね。チケット売り場のおばちゃんに『コメディアンになりたいんだけど』と声をかけたんだ。おばちゃんは得体の知れない若者に何か感じるところがあったそうで、『エレベーターボーイなら空いているよ。そのうち、深見(千三郎)の師匠に紹介してあげるから』と伝えたんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る