天海祐希ドラマで“ド直球路線”にシフトした日テレの勝算

公開日: 更新日:

 まさに“ド直球”勝負だ。

「白衣ものがリアルタイム視聴者層には受け入れられやすいのは間違いないですが、リアタイ視聴者層には爽快感と感動と分かりやすさ、非リアタイ視聴者層には展開を予測する楽しみを良いバランスで出せれば数字も評価もついてくるはず。ただ、数字にこだわるならば、最近のこの枠を変化球好きな世代向けととらえて離れたシルバー世代に訴えるための番宣は必須ですね」(亀井徳明氏)

 今期の変化球の行く末も気になるが、果たして来期は……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

  7. 7

    「アノニマス」は香取慎吾ありき…物足りないテレ東らしさ

  8. 8

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  9. 9

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  10. 10

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

もっと見る