二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

追悼・松本ちえこさん 今も脳裏に浮かぶあのバスボンのCM

公開日: 更新日:

♪まんまる顔の女の子はいい妻になれるって

 決して上手ではなかったが、16歳の女の子らしく、けなげに歌う声と、あどけなく笑う顔が今も思い出される。11月17日に死去した松本ちえこさん(享年60)がトップアイドルになるきっかけとなった資生堂のCMだった。このCMをきっかけに、松本は瞬く間に茶の間のアイドルに上り詰めた。

 天地真理・南沙織ら女性アイドルブームが始まった70年代に現れたのが松本だった。芸能界はスカウトらが熱心にタレントの卵を探し出していた時代だったが、松本にタレント志望はなく、「小遣い稼ぎのつもり」でテレビ番組に出演。スカウトマンの目に留まり芸能界入り。右も左も分からないうちに2年後のCMにつながった。まさにシンデレラストーリーだった。

 鉄ならぬ、人気は熱いうちに打て! は芸能界の鉄則。早々に次なる展開に移る。歌手・タレントと活動の場を広げていった。特に大ヒットした歌はなかったが、彼女の魅力はおしゃべり。どこにでもいる普通の女の子のように、ざっくばらんに話す庶民感覚を持っていた。好感度も高く、一時は引っ張りだこの人気者になっていたが、アイドル人気は長くて3年。10代のアイドルが売るアイテムには限界がある。次第に人気にも陰りが出始める。20歳の時――。松本は男性誌のグラビアにヌードで登場した。「あのバスボンの子が脱いだ」と大きな話題になった。後に取材した話では「アイドルから次なるステージに向かうための方法としてのヌードだった」という。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    カトパン結婚秒読みもNAOTOと破局 “賞味期限”アラート迫る

もっと見る