桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

年末年始番組は再放送だらけ 働き方改革で番組が猛烈劣化

公開日: 更新日:

 年が明けてもう10日が経とうかというのに、モヤモヤが収まらない。年末年始のテレビのせいだ。

 前々からその傾向はあったが、今年は特にひどかった。どこをつけても再放送ばかり。“働き方改革”だかなんだか知らんが、便乗して新作を作ることを放棄。テレビ局が番組を作らなくてどうするの? 

 そもそも、働き方改革って必要? 働き者の日本人は、むしろ働いている方が幸せなんだから。

 例えばTBS。「『アンナチュラル』全話一挙放送スペシャル」が終わったと思ったら、「『義母と娘のブルース』全話一挙放送SP」に「大恋愛・ディレクターズカット版(全話一挙放送!)」、さらに「『ノーサイド・ゲーム』全話一挙放送」ってどんだけ一挙放送やってるんだか。

 NHKも「スカーレット」「ひよっこ2」「いだてん」の再放送。他局も似たり寄ったり。「傑作選」「総集編」「スペシャル選」「アンコール放送」という名の再放送で手抜き一直線。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  2. 2

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  3. 3

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  4. 4

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  5. 5

    「麒麟がくる」視聴率下降の原因か…海老蔵の“語り”が不評

  6. 6

    石井GMとの確執を噂され解任…平石前楽天監督に真相を直撃

  7. 7

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  8. 8

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  9. 9

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  10. 10

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る