桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

年末年始番組は再放送だらけ 働き方改革で番組が猛烈劣化

公開日: 更新日:

 年が明けてもう10日が経とうかというのに、モヤモヤが収まらない。年末年始のテレビのせいだ。

 前々からその傾向はあったが、今年は特にひどかった。どこをつけても再放送ばかり。“働き方改革”だかなんだか知らんが、便乗して新作を作ることを放棄。テレビ局が番組を作らなくてどうするの? 

 そもそも、働き方改革って必要? 働き者の日本人は、むしろ働いている方が幸せなんだから。

 例えばTBS。「『アンナチュラル』全話一挙放送スペシャル」が終わったと思ったら、「『義母と娘のブルース』全話一挙放送SP」に「大恋愛・ディレクターズカット版(全話一挙放送!)」、さらに「『ノーサイド・ゲーム』全話一挙放送」ってどんだけ一挙放送やってるんだか。

 NHKも「スカーレット」「ひよっこ2」「いだてん」の再放送。他局も似たり寄ったり。「傑作選」「総集編」「スペシャル選」「アンコール放送」という名の再放送で手抜き一直線。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  10. 10

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

もっと見る