ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

公開日: 更新日:

ロバート・ボールドウィンさん(54歳)

 映画「ハリー・ポッター」のハグリッドか、はたまた映画「バイキング」の主人公か……? 「さんまのSUPERからくりTV」(TBS系)にレギュラー出演していたヒゲモジャの巨漢タレントを覚えているだろうか。「外国人日本王」のコーナーでは日本人以上の博識ぶりで視聴者を驚かせたものだが、最近、テレビでは見かけなくなった。今、どうしているのか?

  ◇  ◇  ◇

「いらっしゃいませ。奥の空いている席へどうぞ」

 JR中野駅北口から徒歩8分。中野ブロードウェイを抜けた先の住宅街にある怪獣をテーマにしたカフェバー「大怪獣サロン」へ行くと、カウンターの中で調理をしながらボールドウィンさん(54)が声をかけてくれた。

「今ね、僕の故郷・カナダの冬ならではのドリンク『エッグノック』を作ってるから、ちょっと待っててね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    コロナ相場は20年前と類似 ITバブルと崩壊からの教訓は?

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    談志師匠から今度は「上納金」60万円催促の電話がかかり…

もっと見る