さんま「ラブメイト」1位…新木優子は手放しで喜べない?

公開日: 更新日:

 2日から3日にかけて放送された「FNS27時間テレビ」(フジテレビ系)は、歴代最低の平均視聴率5・8%を記録したが、3年ぶりに復活した名物コーナー「明石家さんまのラブメイト10」は好評だったようで、ネット上では〈毎年やってほしい〉なんて声も。1位の座を射止めたのは、女優の新木優子(25)だ。

「ラブメイト10」は2000年から17年連続で放送された人気企画。さんまが、1年間で気になった女性をランキング形式で発表する。

「今回は1位に新木、2位に浜辺美波、3位に唐田えりかが選ばれました。さんまさんのレギュラー番組にゲスト出演した新木が、芸人が体当たりのギャグを披露する企画で、『はい、私も』と自ら名乗り出て挑戦しようとしたことが、お気に召したようです」(テレビ誌ライター)

 新木といえば、現在放送中の初主演ドラマ「モトカレマニア」(フジテレビ系)が視聴率5%台と低迷中。しかし、昨年10月期の「SUITS/スーツ」(同)、今年1月期の「トレース~科捜研の男~」(同)と2クール連続で“月9”に出演したフジテレビも期待の若手だ。そんな新木が「ラブメイト10」で1位に。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  2. 2

    日本がワクチン後進国になってしまった「3つの理由」

  3. 3

    ワクチン接種後19人死亡の衝撃 基礎疾患のない26歳女性も

  4. 4

    芸能界で話題もちきり“五輪中止論” たけしがスルーの背景

  5. 5

    石田純一は“枕営業”迫られた…衝撃の未遂体験と告白の影響

  6. 6

    2人は前世で親友だった?1枚の食事の写真に全米がホッコリ

  7. 7

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  8. 8

    大阪府100万人あたりのコロナ死者数「インド超え」の衝撃

  9. 9

    阪神藤浪に二軍調整はもう不要…ドラ2伊藤の活躍が追い風

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る