三遊亭鬼丸
著者のコラム一覧
三遊亭鬼丸落語家

昭和47(1972)年生まれ。長野県上田市出身。平成9年、三遊亭円歌に入門。前座名は「歌ご」。平成12年、二つ目に昇進し「きん歌」に改名。平成22年、「三遊亭鬼丸」襲名で真打ち昇進。NACK5「ゴゴモンズ」メインパーソナリティー。

噺家に戦死者は一人もいない…徴兵しても役に立ちませんよ

公開日: 更新日:

 今年もよろしくお願いします。新年早々に世界情勢がキナくさいですね。アメリカがイランの司令官を殺害した日の世界中のツイッターのトレンドワードに「WWⅢ」(第3次世界大戦)が入ってたときに日本は「嵐」ですって。平和ですねぇ。まぁニュースでもあんまりやってなかったかも。

 そこで今回は、戦争の時の落語家について書きましょう。とは言っても、私はその時代を当然見てませんから、出来るだけ事実に近いと思われる見聞を書いていきます。

 まずは「禁演落語」があったという事実。落語の基本は「呑む(酒)」「打つ(バクチ)」「買う(女)」ですが、兵隊さんが戦地で戦い、ぜいたくは敵だ!という世間の空気を察した噺家たちが「はなし塚」というのを造って、そこに不謹慎な噺を埋めた、まぁ封印したそうです。国に怒られる前に自分たちで自粛しちゃうところが面倒を嫌う噺家らしいところです。なお漫画の「寄席芸人伝」では軍人に逆らって不謹慎なネタを寄席でかけて、何度も憲兵にしょっぴかれる噺家が描かれてましたが、そこまで肝の据わった反逆精神のある噺家がいたという事実は確認できませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  5. 5

    香取慎吾オワコン化「アノニマス」打ち切り危機で酷評の声

  6. 6

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  7. 7

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  8. 8

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  9. 9

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  10. 10

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

もっと見る