もはや本家を超えた?“ミニアッコ”島崎和歌子の酒癖の悪さ

公開日: 更新日:

「もうあいつの顔を見たくない」

 めったに怒ることのない大御所・志村けんがご立腹だと女性誌が報じたのは先日のこと。志村が怒っている相手は島崎和歌子だ。酒席でタチの悪い絡み方をしたという。

 以前から島崎の酒癖が悪いのは有名で、業界では“ミニアッコ”というあだ名をつけられるほどだ。そんな島崎の噂は繁華街にも届いている。六本木の飲食店関係者が語る。

「とにかく声が大きく、酔うと二言目には『私の酒が飲めないの?』と周りに絡んでいます。赤ワインが大好きなんですが、常に温度に文句を言ってきます。このワインならもう少し冷たい方がとか、これなら常温の方がいいとか……。しかも島崎さんの希望通りに温度管理しても、次来るときには前回と真逆のことを言われるので、本当にキリがありません。ただ何かしら店員に言って絡みたいだけの人なんだと割り切ることにしています」

 酒癖の悪さといえば、あの和田アキ子ですら、最近はお酒を控えておとなしくしているという。もはや島崎はミニアッコどころか、その上を行く存在になっているようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    タモリの融通無碍な会話力の原点 九州の会社員時代に悟る

もっと見る