鈴木邦男は「左右問わず人に愛された」中村真夕監督が語る

公開日: 更新日:

 異色の政治活動家・鈴木邦男氏(76)に密着したドキュメンタリー映画「愛国者に気をつけろ!鈴木邦男」が2月1日から14日までポレポレ東中野で公開される。監督の中村真夕氏に今、なぜ鈴木邦男なのかを聞いた。

「鈴木さんと私の父、正津勉(詩人)が同じジャーナリスト専門学校で教えていた関係で昔からよく知っていました。父もその一人ですが、激動の政治の季節、60~70年代をかいくぐった団塊の世代への興味もあり、もしかしたら鈴木さんを撮ることで、団塊世代の真実が見えてくるのではないかと思ってカメラを回し始めたんです」

 中村さんは16歳でロンドン大に留学。卒業後、アメリカに渡り、コロンビア大学大学院を卒業。ニューヨーク大学大学院で映画を学んだという異色の経歴。

 鈴木邦男氏は早大時代に今の日本を牛耳っているといわれる日本会議の前身である全国学協の代表になったが失脚。その後、早大の後輩、森田必勝が三島由紀夫と共に市谷の自衛隊駐屯地で自決したことに衝撃を受け政治団体「一水会」を立ち上げ、過激な行動右翼として活動した。しかし、最近では、「愛国心という言葉は危険だ」「不自由な自主憲法より、自由な押しつけ憲法がいい」と安倍首相の進める9条改憲には反対の立場を取っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  7. 7

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  8. 8

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る