鈴木邦男は「左右問わず人に愛された」中村真夕監督が語る

公開日: 更新日:

 異色の政治活動家・鈴木邦男氏(76)に密着したドキュメンタリー映画「愛国者に気をつけろ!鈴木邦男」が2月1日から14日までポレポレ東中野で公開される。監督の中村真夕氏に今、なぜ鈴木邦男なのかを聞いた。

「鈴木さんと私の父、正津勉(詩人)が同じジャーナリスト専門学校で教えていた関係で昔からよく知っていました。父もその一人ですが、激動の政治の季節、60~70年代をかいくぐった団塊の世代への興味もあり、もしかしたら鈴木さんを撮ることで、団塊世代の真実が見えてくるのではないかと思ってカメラを回し始めたんです」

 中村さんは16歳でロンドン大に留学。卒業後、アメリカに渡り、コロンビア大学大学院を卒業。ニューヨーク大学大学院で映画を学んだという異色の経歴。

 鈴木邦男氏は早大時代に今の日本を牛耳っているといわれる日本会議の前身である全国学協の代表になったが失脚。その後、早大の後輩、森田必勝が三島由紀夫と共に市谷の自衛隊駐屯地で自決したことに衝撃を受け政治団体「一水会」を立ち上げ、過激な行動右翼として活動した。しかし、最近では、「愛国心という言葉は危険だ」「不自由な自主憲法より、自由な押しつけ憲法がいい」と安倍首相の進める9条改憲には反対の立場を取っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  4. 4

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  5. 5

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  6. 6

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  7. 7

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  8. 8

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  9. 9

    NHK視聴率快挙は“Wリョウ”次第?朝ドラの成田、大河の吉沢

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る