ロンブー亮 謹慎処分解除でオファーが殺到…1日に200件も

公開日: 更新日:

 闇営業問題の謹慎処分が解除されたロンドンブーツ1号2号の田村亮(48)。コンビでのトークライブは即完売し、亮が現在所属しているLONDONBOOTSの社長を務める田村淳によると、昨年12月の会社設立発表から亮への仕事オファーが殺到し、1日になんと200件くらいという。地上波の依頼はないというが、イベントなど亮の話に多くの関心が寄せられている。

 そもそも今回の問題は罪を犯したわけではなく、同情票も集まっているのではないか。

 昨今は芸能人が相手の場合、法的に罰せられるドラッグ、性犯罪、詐欺などと同様に世間は闇営業や不倫も叩く。ワイドショーに出るタレントもしたり顔で批判に加わるが、一度も出所の怪しいお金をもらったことがない芸能人はいないと思うのだが。

 そもそも芸能界はそういったキナ臭い部分を含んでいる。「反社」とのつながりは時代とともに減っていったが、頼まれて断れなかったり、飲み屋で芸を披露したらチップをもらい、くれた人が実は怪しかったというシチュエーションはゼロではなく、演歌歌手は叩けばホコリが出る者が多いのではないか。一般の企業だっていろいろあるんじゃないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  2. 2

    東出不倫騒動トバッチリなのに…桐谷健太が見せた“神対応”

  3. 3

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  4. 4

    角栄側近・石井一氏が語る ロッキード事件真相と政治腐敗

  5. 5

    小田嶋隆氏「最大の罪は国の文化と社会を破壊したこと」

  6. 6

    他の芸能人と何が違う?東出昌大の不倫を批判する大衆心理

  7. 7

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  8. 8

    竹内涼真「テセウス」大健闘 視聴者“予定調和好き”異変か

  9. 9

    東出の実母が関係修復に尽力 姑の泣き落としに杏の反応は

  10. 10

    新型コロナ感染拡大で現実味…東京五輪返上で20兆円消失

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る