ロンブー亮 謹慎処分解除でオファーが殺到…1日に200件も

公開日: 更新日:

 闇営業問題の謹慎処分が解除されたロンドンブーツ1号2号の田村亮(48)。コンビでのトークライブは即完売し、亮が現在所属しているLONDONBOOTSの社長を務める田村淳によると、昨年12月の会社設立発表から亮への仕事オファーが殺到し、1日になんと200件くらいという。地上波の依頼はないというが、イベントなど亮の話に多くの関心が寄せられている。

 そもそも今回の問題は罪を犯したわけではなく、同情票も集まっているのではないか。

 昨今は芸能人が相手の場合、法的に罰せられるドラッグ、性犯罪、詐欺などと同様に世間は闇営業や不倫も叩く。ワイドショーに出るタレントもしたり顔で批判に加わるが、一度も出所の怪しいお金をもらったことがない芸能人はいないと思うのだが。

 そもそも芸能界はそういったキナ臭い部分を含んでいる。「反社」とのつながりは時代とともに減っていったが、頼まれて断れなかったり、飲み屋で芸を披露したらチップをもらい、くれた人が実は怪しかったというシチュエーションはゼロではなく、演歌歌手は叩けばホコリが出る者が多いのではないか。一般の企業だっていろいろあるんじゃないのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまへ一時金1億5千万円「支給するな」は法律的に暴論

  2. 2

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  3. 3

    菅首相が墓穴…長男に就職時「総務省と関わるな」と釘刺し

  4. 4

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    山口俊がジャイアンツと契約も 巨人に“7月出戻り”復帰の目

  7. 7

    体調心配な菅首相に異変…“鉄壁のガースーヘア”にも綻びが

  8. 8

    山口組が弱体化する一方で弘道会は強化された警察の“誤算”

  9. 9

    菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

  10. 10

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

もっと見る