広瀬アリス「トップナイフ」のコメディエンヌぶりが逆効果

公開日: 更新日:

 1月スタートの冬の連ドラも中盤戦に突入。

 これまでのところ、視聴率トップは、天海祐希(52)主演の医療ドラマ「トップナイフ─天才外科医の条件─」(日本テレビ=土曜夜10時)で、それを竹内涼真(26)主演のタイムパラドックスミステリー「テセウスの船」(TBS=日曜夜9時)が追っている。

「このワン・ツーは下馬評通りの展開ですが、ネット上の声を拾ってみると、首位を走る『トップナイフ』の評判が視聴率の割にあまり良くない。特に研修医役の広瀬アリス(25)に対して、〈お笑い担当なのは分かるが、やりすぎ〉〈彼女のシーンで興ざめする〉などと、辛辣な意見が目立ちます」(テレビ誌記者)

 広瀬アリスといえば、2017年下半期のNHK朝ドラ「わろてんか」あたりから、コメディエンヌとしての才能も評価されてきた。テレビコラムニストの亀井徳明氏は「別に広瀬アリスが悪いわけではないのですが……」と、こう続ける。

「天海の格好良さと、時折見せる崩したところが好きで見ている視聴者には、“美人コメディエンヌ全開”のキャラが邪魔に映るのかもしれません。広瀬アリスの登場場面に限らず、作り手側の『こういう外した感じも好きでしょ?』なんて意図が、視聴者に敏感に感じ取られてしまっているように思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

    これが女子プロ“バブル”の現実 2年目の西郷真央はすでに大卒女性「生涯賃金2.6億円」超え

  2. 2
    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

    ロッテ田村龍弘が国内FA権取得 “打てる捕手”FA宣言なら今オフ一番人気間違いなし

  3. 3
    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

    尾身会長また誤り繰り返す…新型コロナ「第7波」による“医療崩壊”の責任

  4. 4
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  5. 5
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  1. 6
    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

    捏造、横領、踏み倒し…“問題理事長”がのさばれたワケ

  2. 7
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  3. 8
    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

    坂口杏里AV出演に「驚き」 元カレ小峠は“間一髪”だった

  4. 9
    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

    感染対策「優良県」3知事が専門家の“コロナ愚策”をバッサリ!尾身会長に「まず反省の弁を」

  5. 10
    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍

    井森美幸、松本明子、森口博子、山瀬まみ…ぽっと出とは“地肩”が違う「バラドル第1世代」の活躍