広瀬すずも「のん」の二の舞か…ギャラ“最高”も尽きぬ不安

公開日: 更新日:

「『テレビから干す』芸能界変わるか」――。10月7日付「朝日新聞」の2面にこんなおどろおどろしい見出しがついた記事が掲載された。

 2013年に朝ドラ「あまちゃん」でブレークした能年玲奈(26=現在はのん)と元SMAPの3人~稲垣吾郎(45)、香取慎吾(42)、草彅剛(45)~を例に挙げ、所属事務所から独立や移籍を画策した人気タレントは表舞台(テレビ)から“干されてしまう”現状を浮き彫りにしたものだった。

 また、朝日の記事は「テレビ・タレント・芸能事務所の共同体を安定的に維持するには『干す』文化は必然だった」と話す民放幹部のコメントを紹介し、業界に何らかの“癒着”があることを示唆した。今、この記事をめぐり、芸能マスコミの間でさまざまな臆測が流れている。最近まで朝ドラ「なつぞら」でヒロインを務め、高視聴率をキープし続けた広瀬すず(21)が、のんの二の舞いにならないか危惧する声が上がり始めているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  4. 4

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  5. 5

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  6. 6

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  7. 7

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  8. 8

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  9. 9

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  10. 10

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

もっと見る