広瀬すずも「のん」の二の舞か…ギャラ“最高”も尽きぬ不安

公開日: 更新日:

「『テレビから干す』芸能界変わるか」――。10月7日付「朝日新聞」の2面にこんなおどろおどろしい見出しがついた記事が掲載された。

 2013年に朝ドラ「あまちゃん」でブレークした能年玲奈(26=現在はのん)と元SMAPの3人~稲垣吾郎(45)、香取慎吾(42)、草彅剛(45)~を例に挙げ、所属事務所から独立や移籍を画策した人気タレントは表舞台(テレビ)から“干されてしまう”現状を浮き彫りにしたものだった。

 また、朝日の記事は「テレビ・タレント・芸能事務所の共同体を安定的に維持するには『干す』文化は必然だった」と話す民放幹部のコメントを紹介し、業界に何らかの“癒着”があることを示唆した。今、この記事をめぐり、芸能マスコミの間でさまざまな臆測が流れている。最近まで朝ドラ「なつぞら」でヒロインを務め、高視聴率をキープし続けた広瀬すず(21)が、のんの二の舞いにならないか危惧する声が上がり始めているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る