井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

解せない映画「パラサイト」と文明の残滓を求めて旅に出た

公開日: 更新日:

 アカデミー賞の作品賞や監督賞に韓国映画の「パラサイト」が選ばれたとか。よっぽど、アメリカ本国の映画がつまらなくなったのかと思ったが、でも、我らは全然、ピンとこないのだ。ひと月前、劇場で見たのは見たが、架空の格差社会を無理やり描いてる感じで、それの何がオモロイのか、こっちが鈍感不感症なのか、貧乏家族とIT長者家族が急に殺し合って終わるだけで笑いも悲しみもなく爽快感も何もなかった。これでまた興行界だけはロングランでウハウハなんだろが……。解せない映画に迎合する気はない。

 久しぶりに旅に出た。東京で筑豊出身のソングライターと知り合い、彼の地元、筑豊の田川市に出かけたのだ。元は炭鉱で栄えた地。高倉健や井上陽水が生まれ育った町もあり、五木寛之の「青春の門」でも有名な所だが、我らは「戦後昭和」の時代の面影、いや文明の残滓がどこかにうずくまってないか、次作シナリオハントも兼ねて散策したかったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  6. 6

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  7. 7

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  8. 8

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  9. 9

    ファイザー供給減に自治体大混乱 接種加速から急ブレーキ

  10. 10

    ファイザー製&モデルナ製のワクチン効果は1年続くのか?

もっと見る