井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

解せない映画「パラサイト」と文明の残滓を求めて旅に出た

公開日: 更新日:

 アカデミー賞の作品賞や監督賞に韓国映画の「パラサイト」が選ばれたとか。よっぽど、アメリカ本国の映画がつまらなくなったのかと思ったが、でも、我らは全然、ピンとこないのだ。ひと月前、劇場で見たのは見たが、架空の格差社会を無理やり描いてる感じで、それの何がオモロイのか、こっちが鈍感不感症なのか、貧乏家族とIT長者家族が急に殺し合って終わるだけで笑いも悲しみもなく爽快感も何もなかった。これでまた興行界だけはロングランでウハウハなんだろが……。解せない映画に迎合する気はない。

 久しぶりに旅に出た。東京で筑豊出身のソングライターと知り合い、彼の地元、筑豊の田川市に出かけたのだ。元は炭鉱で栄えた地。高倉健や井上陽水が生まれ育った町もあり、五木寛之の「青春の門」でも有名な所だが、我らは「戦後昭和」の時代の面影、いや文明の残滓がどこかにうずくまってないか、次作シナリオハントも兼ねて散策したかったからだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パンデミックが起きても慌てない 今から始める備蓄リスト

  2. 2

    少なすぎる新型コロナ検査数…安倍政権“陽性隠し”の言い訳

  3. 3

    娘の誕生日ケーキ代を払ってくれた謎の女性の伝言に号泣!

  4. 4

    白井聡氏 75年前の失敗のツケを我々の手で清算しなければ

  5. 5

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  6. 6

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  7. 7

    どケチ政権が! コロナ対策費に志位委員長「小さすぎる」

  8. 8

    安倍首相が疑惑の大手IT社長と会食で「世論操作か」の声

  9. 9

    フェイク・タンを塗ったまま授乳…赤ちゃんの写真が拡散!

  10. 10

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る