井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

野蛮人トランプよ、早いとこ弾劾されて消えてくれないか

公開日: 更新日:

 正月早々、中東地域がきな臭くて気持ち悪い。今年の抱負でも書こうかと思っていた矢先のザマだ。トランプのアホ野郎め、このバカは血の匂いが好きなホンマモンのヤンキーだ。やってはならないイランの司令官殺害を大した躊躇もせず、イラついたらすぐ決断してしまいやがった。まるで関東連合のクソガキみたいなヤツだ。イランに無人偵察機を撃ち落とされたり、イラクの米大使館を攻撃され、何も仕返ししなければイランをのさばらすだけで弱腰に思われると思って、よっし、あの司令官を始末しろと決めたのだ。度し難いヤンキー、正真正銘の野蛮人だ。

 しかも、殺害はアメリカのゴルフ場でリゾート中に最終指令したというのだ。知能のないヤンキー大統領はブッシュもそうだったが、ここまでバカとは思わなかった。このバカで世界中がイラついている。ぶち殺されたイランの司令官は戦争しか知らない“ただの軍人”だったが、トランプは“ただの不動産屋”だ。そんなチンピラが何の知恵も想像力もないまま「これはアメリカの防衛だ。報復したら52カ所、攻撃するぞ」とツイッターごときで、イランだけじゃなく世界中をイラつかせている。外交とは何なんだ? 政治って何なんだ? 呆れ返った。アメリカ国民はこんな野蛮で得体の分からん大統領を野放しにしていいのか。とっとと弾劾裁判で辞めさせたらどうなんだ。気持ち悪い薄っぺらい面をテレビで見ると吐き気がした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  2. 2

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  3. 3

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  7. 7

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

  8. 8

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  9. 9

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  10. 10

    100歳まで生きる時代 老後資金は3つのステージで準備する

もっと見る