井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

野蛮人トランプよ、早いとこ弾劾されて消えてくれないか

公開日: 更新日:

 正月早々、中東地域がきな臭くて気持ち悪い。今年の抱負でも書こうかと思っていた矢先のザマだ。トランプのアホ野郎め、このバカは血の匂いが好きなホンマモンのヤンキーだ。やってはならないイランの司令官殺害を大した躊躇もせず、イラついたらすぐ決断してしまいやがった。まるで関東連合のクソガキみたいなヤツだ。イランに無人偵察機を撃ち落とされたり、イラクの米大使館を攻撃され、何も仕返ししなければイランをのさばらすだけで弱腰に思われると思って、よっし、あの司令官を始末しろと決めたのだ。度し難いヤンキー、正真正銘の野蛮人だ。

 しかも、殺害はアメリカのゴルフ場でリゾート中に最終指令したというのだ。知能のないヤンキー大統領はブッシュもそうだったが、ここまでバカとは思わなかった。このバカで世界中がイラついている。ぶち殺されたイランの司令官は戦争しか知らない“ただの軍人”だったが、トランプは“ただの不動産屋”だ。そんなチンピラが何の知恵も想像力もないまま「これはアメリカの防衛だ。報復したら52カ所、攻撃するぞ」とツイッターごときで、イランだけじゃなく世界中をイラつかせている。外交とは何なんだ? 政治って何なんだ? 呆れ返った。アメリカ国民はこんな野蛮で得体の分からん大統領を野放しにしていいのか。とっとと弾劾裁判で辞めさせたらどうなんだ。気持ち悪い薄っぺらい面をテレビで見ると吐き気がした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  8. 8

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  9. 9

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る