井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

6億円横領女と逃亡ゴーン…世界を埋めつくす悲惨な格差

公開日: 更新日:

 アベ政府はもくろんでやがったな。年が明けたら、公文書管理法違反などという、右折禁止がバレて認めたら終わり、みたいな言い訳をいけしゃあしゃあと……官房長官め。「詐欺師も呼んで桜を見て焼き鳥を食う会」の私物化。税金盗人猛々しいとはおまえらのことだ。違反を認めたら何だ。なら、酒と焼き鳥代6000万は罰金だ。国民に返せ、だ。ほんとに姑息な政府。テキトー人間の集合だ。カジノ賄賂も「遺憾に思います」、ゴーン逃亡も「遺憾に思います」だ。国がバカにされたんだぞ。レバノン政府もカネでゴーンを許したんだろ。やつが会見で園児みたいなことばかり言うのでテレビを消したが、盗人猛々しいのは、こやつだ。何が上流階級だ、どこがセレブだ。レバノンの有力高官に何十億円ばらまいたんだ。

 日本の検察は“罪”を自白しないと出してくれない、拘置所で風呂に入れない、「妻と面会できなかった」とタワ言ばかりだ。風呂など毎日入れるわけないだろが。日本でぬくぬく暮らし、カネをネコババして、日本で捕まって牢屋に放り込まれたんだぞ。何が10年も裁判待てない、だ。何さまだ。創業者でもない、ただの自動車屋の雇われ者だろが。その筋で言う「床板腐らせるぐらいの懲役忍耐」と「警察ど根性」の極道者からしたら、風下にも置けないガシンタレの意気地なしだ。あの胸くそ悪い顔でよくも人目をかいくぐれたもんだと思ってたら、隙だらけの関空でデカ箱の中に丸まっていたとはお笑い謹賀新年だ。弁護士もだまされましておめでとう、だ。誰がこのトンズラ物語を考えたのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  7. 7

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  8. 8

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

  9. 9

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  10. 10

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る