NHK看板アナ朝夜チェンジ 狙いは“わくまゆ”のスマホ視聴

公開日: 更新日:

 NHKのアナウンサー大幅入れ替えは、4月からの地上波のネット同時配信を視野に入れたシフトなのだろう。とりわけ、和久田麻由子(「おはよう日本」)と桑子真帆(「ニュースウオッチ9」)の朝夜チェンジという異例の人事は、テレビとネットの視聴者の違いに合わせるためだ。

「美人でスタイルも抜群の和久田をニュースウオッチ9にもってきたのは、残業帰りや一杯飲んだサラリーマンが、帰りの電車の中でスマホで同時配信を見ることを期待しているからです。一方、朝、テレビを見ているのは圧倒的に中高年女性で、彼女たちに評判がいいのは桑子なんです。『おはよう日本』に起用することで、その後の『朝ドラ』『あさイチ』につながっていきます」(テレビ雑誌編集デスク)

 今回の異動のもうひとつの目玉は、夕方の報道・情報番組の強化だ。エグゼクティブアナウンサーの阿部渉を「ごごナマ」から「ニュースシブ5時」、「ブラタモリ」の同行アナ林田理沙を「首都圏ネットワーク」のキャスターにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    30万円給付は7月? 安倍政権「コロナ補償」に悪評ふんぷん

  2. 2

    危機感が足りない?新型コロナ蔓延でも芸能人は遊びまわる

  3. 3

    「スカーレット」“老け演技”で見せつけた俳優マギーの底力

  4. 4

    ドアノブや貨幣…物質表面でのウイルスの生存期間は?

  5. 5

    緊急経済対策 中小企業向け特別融資「貸し渋り」の実態

  6. 6

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  7. 7

    安倍首相「緊急事態宣言」なぜ国民の心に響かなかったのか

  8. 8

    河井前法相が自ら20万円を 現職議員が“実弾”手渡せた理由

  9. 9

    コロナ患者激白「喉に金串が刺さったような耐え難い痛み」

  10. 10

    まるで竹槍持たされて本土決戦に臨む戦争末期の日本と同じ

もっと見る