城下尊之
著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

徳井と田村の復帰成功の裏でツキにも見放された宮迫の悲哀

公開日: 更新日:

 新型コロナウイルスの感染拡大が芸能界にも大きな影響を与えている。

 ジャニーズ事務所やEXILEら有名アーティストをかかえる大手事務所などは、すべてのコンサートを中止するなどの対応をしている。

 我々が日常、取材に出かける芸能イベントもある。例えば、映画の製作発表や試写会の主演者舞台挨拶、新CMの発表会などだ。ファンが集まるものもあれば、記者を中心にメディアだけが集まるものもある。メディアだけでも話題のタレントが登場するとなれば、100人規模の関係者が集まることもある。その芸能取材イベントが次々に中止や延期となって、正直、取材するものがないという状況だ。今週の前半のある日は、15のイベントのうち11がなくなったほどだ。

 そんな中、画面から消えていたチュートリアルの徳井義実(44)が仕事復帰を決め、まずはNetflixのレギュラー番組に出演するという。問題がなければ、地上波テレビも、という流れだ。新型コロナのドサクサの陰でというわけではないだろうが、目立たずに復帰がかなったということは言える。彼の場合は、昨年のうちに税金の無申告問題をクリアにして反省したわけだし、キチンと支払いは終わらせているので、業界でも「そろそろいいのでは」という声は上がっていた。レギュラー番組の中では、名前を出さないまでも徳井のことに触れて笑いを取り、復帰を待っている雰囲気の番組もあった。あたたかく、良い仲間がいてくれるということだろう。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

    大阪市が試算公表…大阪万博会期中やっぱり渋滞発生、原因はカジノ工事と丸かぶりのマヌケ

  2. 2
    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

    相撲協会の逆鱗に触れた白鵬のメディア工作…イジメ黙認と隠蔽、変わらぬ傲慢ぶりの波紋と今後

  3. 3
    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

    最悪だった米国キャンプ…持て余す暇、発砲事件、偽札使用の誤解、私だけが見えなかったUFO騒動

  4. 4
    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

    「津田沼戦争」を勝ち抜いたヨーカドーが閉店へ…空き店舗のまま“棚ざらし”の恐れも

  5. 5
    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

    岸田首相の政倫審出席は“自爆テロ”で裏目確実 次の展開は森喜朗氏と二階元幹事長の国会招致か

  1. 6
    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

    真田広之「SHOGUN 将軍」が世界同時配信…二階堂ふみも驚いた日米撮影現場の“彼我の差”

  2. 7
    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

    大阪・関西万博大ピンチ! 「電通」離脱で意思決定機関は専門家不在の“烏合の衆”

  3. 8
    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

    広岡達朗GMが「休日を召し上げ」バレンタイン監督は激怒した…95年、内紛勃発の内幕

  4. 9
    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

    岸田首相の政倫審出席は完全墓穴…野田元首相にボコられ「政治資金パーティー」自粛を約束

  5. 10
    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ  “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?

    SixTONESに一部ファンから退所希望のナゼ “ツアーチケット定価割れ問題”は事務所のせい?