二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

蛍原もさんまもスルー 芸人の自覚を忘れた宮迫の復帰劇

公開日: 更新日:

 不祥事を起こしても芸能界は大半の人が戻ってくる。問題はどういう段取りで復帰するか――。雨上がり決死隊の宮迫博之とロンドンブーツ1号2号の田村亮の復帰は明暗がはっきり分かれた。

 先に復帰会見した宮迫はユーチューブに登場。謝罪から入った。昨年7月の時よりも神妙な顔つきで長々と謝罪。「嘘っぽい」「謝罪の安売り」と非難を浴びた。当面はユーチューバーとして活動を再開するという。亮は事前の告知通りライブ活動で復活後、相方の淳とともに会見。謝罪は手短に、お膳立てした淳のリードで終始笑顔の会見。本来、どんなに頂点を極めたタレントでも復帰は原点に返るのがスジだろう。芸人の原点は舞台。亮は舞台に代わるライブで生のお客の前で芸を披露したが、宮迫は芸人としての自覚を忘れた。

 テレビタレントとしての復活しか頭になかったのか、舞台をユーチューブの場にしただけで、一方的に復活の意思を表したに過ぎない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

もっと見る