桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

コロナ報道が軒並み高視聴率も 横並び似たり寄ったりに喝

公開日: 更新日:

 先週の「テレビ視聴率ベスト10」を見ると軒並み報道・ニュース・情報番組がランクイン。NHK「ニュース7」22・4%、テレビ朝日系「報道ステーション」19・9%、日本テレビ系「真相報道バンキシャ!」19・8%と高視聴率だらけ。久々にこんなに高い視聴率がズラッと並ぶのを見た。

 ニュースの大半が新型コロナだが、肝心の内容は各局どこも似たり寄ったり。今日は何人、ロックダウンはいつ……と喜々としてやっている気がしてならない。その一方でコロナの正体などには一切触れない。

 センザンコウという動物説が出ているのに。マスク不足もドラッグストアの行列や何もない棚を見せ、「どこにも売ってません」と街の声を紹介するのではなく、「なぜ流通しないのか」、「3月は6億枚供給」(by安倍首相)とのたまうマスクがいったいどこに行ったのかを調査して報道すべきでは。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る