「感染列島」が予見したコウモリの毒性と人工呼吸器不足

公開日: 更新日:

感染列島(2009年 瀬々敬久監督)

 志村けん(70)の死は感染症の恐ろしさをまざまざと見せつけた。新型コロナの猛威が強まる中、思い出したのがこの「感染列島」だ。

 2011年、東京・いずみ野市の市立病院に急患が運び込まれ、医師の松岡(妻夫木聡)が治療を担当する。患者は肺炎の症状を示し、目と口から血を流して苦しみながら死亡。市内の養鶏場が鳥インフルエンザウイルスを広めたとされ、経営者は市民の憎悪を浴びて首吊り自殺を遂げる。

 感染症を発症した人々が病院に駆け込む中、WHOからメディカルオフィサーの栄子(檀れい)が赴任してくる。栄子は松岡の元恋人だ。正月に始まったウイルス拡散はエスカレートし、1月21日は感染者が4127人、死者は1989人に。世界はこのウイルスを「ブレイム」と呼び始める。「神の責め苦」という意味だ。患者が次々と死亡する事態に気の弱い医師は栄子に当たり散らす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

  9. 9

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  10. 10

    鈴木保奈美は「卒婚」か…夫・石橋貴明と別居報道の真相

もっと見る