テレ朝「M」に漂う昭和感 純愛ドラマというよりコメディー

公開日: 更新日:

 歌姫・浜崎あゆみ(41)の誕生と、エイベックスの松浦勝人CEO(55)の秘められた出会いと別れを描いた連続ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)がさまざまな観点から話題になっている。新型コロナウイルスの影響で新作ドラマ放送が次々と延期になる中、「M」は予定通りオンエアにこぎ着けることができたラッキーな部類。4月25日放送の第2回の平均視聴率は5.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と初回の5.6%(同)をわずかに下回ったが、“怖い物見たさ”で思わず見てしまう視聴者もいるようだ。

 ラジオパーソナリティーでイケメン評論家の沖直実氏がこう言う。

「眼帯姿の田中みな実さんの秘書役の設定を見て、私たち昭和世代としては大映テレビの『スチュワーデス物語』を連想しました。主役の堀ちえみさんが慕う教官役の風間杜夫さんのミスによって腕を失った片平なぎささんが、事あるごとに手袋を口で外して風間を追い詰めるというお決まりの展開です。主演の安斉かれんさんの演技力も当時の堀さんと少し重なりますが、“アユ”が仲間に足をかけられて転ばされたり、靴の中に画びょうを入れるシーンも昭和感たっぷり。当初は純粋な恋愛ドラマかと思っていたのですが、ツボにはまった人は笑いが止まらないコメディーとして楽しめると思います」

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  2. 2
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  1. 6
    南アW杯に行きたくて「ボールを全部よこせ」と内田篤人に言った…当時のチーム内に溢れ出ていたギラギラ感

    南アW杯に行きたくて「ボールを全部よこせ」と内田篤人に言った…当時のチーム内に溢れ出ていたギラギラ感

  2. 7
    トヨタ会長「不正撲滅は無理」の波紋…株価下落の背景に「日本のものづくり」への疑問や不信

    トヨタ会長「不正撲滅は無理」の波紋…株価下落の背景に「日本のものづくり」への疑問や不信

  3. 8
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  4. 9
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 10
    さらば名古屋? 中日ビシエドついに“出荷準備完了”で電撃トレード説が急浮上!

    さらば名古屋? 中日ビシエドついに“出荷準備完了”で電撃トレード説が急浮上!