新型コロナ問題に正面から迫った「大下容子ワイド」の衝撃

公開日: 更新日:

 同じことを繰り返すテレビのコロナ報道の中で衝撃的だったのは5月12日の「大下容子ワイド!スクランブル」(テレビ朝日系)だ。新型コロナウイルスの発祥について最新情報を取り上げた。

 新型コロナは再び感染が広まっている武漢にあるウイルス研究所や、武漢の海鮮市場から12月のある段階で広まったという説が有力だが、それ以前だったのではないかというもの。中国事情通で権威ある雑誌などで発表された情報に詳しい興梠一郎神田外語大学教授が出演し、中国は昨年9月段階で「新型コロナ」という言葉を使っていたと語った。ビックリ仰天とはこのこと。

 中国が市場を閉めたのは元日。1月22・23日に習近平とWHOのやりとりがあり、23日に武漢がロックダウン、WHOのパンデミック宣言が3月11日。4月8日にロックダウン解除。いわば100日かけてコロナを抑え込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  3. 3

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  4. 4

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  7. 7

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  8. 8

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  9. 9

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

  10. 10

    輪郭が二重に見えるタトゥー メキシコの女性彫り師が話題

もっと見る