キャバクラ手越やるなら“ババ”でいいから雇って欲しかった

公開日: 更新日:

 NEWSの元メンバー・手越祐也くんの退所会見を見ていろんなことを思った。揉めたんだなと。私だって長く居た事務所を辞めた口だけど、立派な弁護士をつけて2時間近く記者会見なんて考えもしなかった。もっとも、私は自粛中に花見も宴会も合コンもしなかったから疑惑を否定することもなかったわけだけれど。

 退所時の話し合いの中で社長らに会えずにお別れしたとも言っていた。揉めたんだな。あるいは一方的な“クビ”だったんだな。でも手越くんは強い。ひと昔前のアイドルだったら泣きじゃくりながら「わかりません」「ごめんなさい」「がんばります」の3ワードだけで闇に消えていったものだが、囲みではなく、立派な会見場で今後についてもしっかりたくさんしゃべった。

 内容はさておき、まずビジュアルはとても良いし、バラエティー番組でも単体で人気があるだけに、パフォーマンスが明るく楽しくなんとか保った。おまけにその同席した弁護人が宮崎駿氏に似ているとざわついて、途中から気になり出して、同席するわけないだろ! といろいろワロタ。カルロス・ゴーン氏を変装させて逃がすという、あの作戦の高野隆弁護士。タカノタカシ………“ティ”だ! 世界的な刑事事件などを手掛ける日本でもトップクラスの物凄い弁護士をつけるなんて手越くんの言う“人脈”はなかなかのメンツなのがわかる。ファーストレディーを「昭恵さん」とサラリと呼んで、恐るべし“ティ”。でも事件だったの?なんか不思議だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  2. 2

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  3. 3

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  4. 4

    中高年コロナ急増…感染拡大は小池知事“ご都合主義”の人災

  5. 5

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  6. 6

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  7. 7

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  8. 8

    小池知事がイエスマン優遇 感染症対策のプロ“左遷”で物議

  9. 9

    高校球界の“巨人嫌い”有望株放出にスカウト部長解任で拍車

  10. 10

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

もっと見る