横山やすしは愛人36人 平成スキャンダル王の破天荒ぶり

公開日:

 12月に入り、平成を総括する番組や企画が増えてきた。6日放送のTBS系の朝の情報番組「ビビット」でも「ワイドショーを彩った言葉 平成30年史」として、平成のお騒がせ芸能人を一気に見せた。

 中でも隠し子騒動の丹波哲郎や大麻・コカインをパンツに隠し持ってハワイで現行犯逮捕された勝新太郎、“天才漫才師”と呼ばれながらも、度重なる不祥事から所属事務所を解雇され、不遇の晩年を過ごした横山やすしら、その破天荒ぶりは今、見てもすごい。

「勝新の『もうパンツははかない』は芸能史に残る名言ですが、咽頭がんを公表した際に『たばこはもうやめた』と言いながら、その直後、たばこを吸いながら悠然と会見する姿にも唖然。大物の貫禄にリポーター陣も圧倒されていました」(テレビ関係者)

「番組では横山やすしの息子・木村一八に、父親との思い出話を聞いていましたが、メガネをかけていたせいか、その風貌が当時のやっさんそっくりで驚きました」(別のテレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る