横山やすしは愛人36人 平成スキャンダル王の破天荒ぶり

公開日: 更新日:

 12月に入り、平成を総括する番組や企画が増えてきた。6日放送のTBS系の朝の情報番組「ビビット」でも「ワイドショーを彩った言葉 平成30年史」として、平成のお騒がせ芸能人を一気に見せた。

 中でも隠し子騒動の丹波哲郎や大麻・コカインをパンツに隠し持ってハワイで現行犯逮捕された勝新太郎、“天才漫才師”と呼ばれながらも、度重なる不祥事から所属事務所を解雇され、不遇の晩年を過ごした横山やすしら、その破天荒ぶりは今、見てもすごい。

「勝新の『もうパンツははかない』は芸能史に残る名言ですが、咽頭がんを公表した際に『たばこはもうやめた』と言いながら、その直後、たばこを吸いながら悠然と会見する姿にも唖然。大物の貫禄にリポーター陣も圧倒されていました」(テレビ関係者)

「番組では横山やすしの息子・木村一八に、父親との思い出話を聞いていましたが、メガネをかけていたせいか、その風貌が当時のやっさんそっくりで驚きました」(別のテレビ関係者)

 当時の父のVTRを見て「同世代にあんなヤツおったらどないしょーっていう」と感想を述べた一八。「亡くなる数日前にいろんなことを聞いたけど、思っていたよりまとも」と言いつつ、「俺の愛人たちを頼むなって言うて36人分の住所と連絡先を教えられて、ここでトドメ刺したろかって思ったけどね」と最後はきっちり父親譲りの話術で笑いをとった。

 今こそ、一八主演で「横山やすし物語」をやればいいかも。

 大物芸能人、ネタは尽きまじ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

    “被弾”の深田恭子にさらなる受難…交際相手の不動産会社社長がガーシー砲の標的に

  2. 2
    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

    給料286カ月分が誤って振り込まれ…チリ人男性が2800万円着服してドロン!

  3. 3
    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

    横浜市の女性職員が「風俗店バイト」でクビに…ネットで同情的投稿が相次ぐ意外

  4. 4
    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

    魅惑のEカップ・田中みな実がまんまる“美バスト”をまたまた披露!

  5. 5
    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

    今夏は「逆さビキニ」が再流行?仏ファッション誌も太鼓判

  1. 6
    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

    カジノで106億円溶かした大王製紙前会長・井川意高氏の現在地「今は“抜けた”ような状態」

  2. 7
    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

    新庄監督のトライアウトで日本ハム選手“ガス欠”…交流戦以降わずか1勝8敗のドロ沼

  3. 8
    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

    歩りえこ40歳がヌード写真集に挑戦!「痩せにくくなって、夜はゆでたまご3個だけ」

  4. 9
    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

    シーズン初勝利の試合直後、投手コーチに言った「肘が痛くて…もう投げられません」

  5. 10
    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか

    生稲晃子氏が候補者アンケートにまさかの「無回答」連発! 何がやりたくて国政を志すのか