広瀬香美が無観客の激ライブで「音楽動画の女王」に転身?

公開日: 更新日:

 歌手の広瀬香美(54)が5日、ブルーノート東京(港区)にて「広瀬香美SUMMER TOUR」ライブを開催。同イベントはインターネット配信による無観客ライブで、収益金の一部を新型コロナウイルス医療従事者に寄付する。

 広瀬といえば、自粛期間中に自宅で演奏するYouTube“歌ってみた動画”が「激しすぎる」とバズり中。自粛期間中の過ごし方について聞かれ「なかなか新曲という気にもならず、この期間新曲はゼロ(笑い)。やることもないし、熱心に演奏してみようかなと。まさかこんなに話題になるとはビックリです」と動画誕生の経緯を明かした。また、肘で鍵盤を叩いたり、ヒザ蹴りしたりして演奏するなどパンチのある奏法について問われると「ピアノは打楽器です!」とコメント。ライブでは「激しくやりすぎると出禁になっちゃうから、マイルドバージョンでお届けします。想像して! 顔だけ頑張るから!」と、視聴者のリクエストに応えたり、大ヒット曲「ゲレンデがとけるほど恋したい」「ロマンスの神様」を含めた全11曲を「お客さんを妄想しながら演奏しました!」と全力で歌い切った。

 実は09年からツイッターコンサートを開くなど、日本のアーティスト界におけるSNSの先駆者。タブレットで激しい赤ペンの入った楽譜を見ながらグランドピアノを演奏する広瀬。「冬の女王」から、令和は「音楽動画の女王」に華麗なる転身!?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  7. 7

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  8. 8

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    まさに英雄!女性警官を襲った暴漢を取り押さえた少年5人

もっと見る