トリはやはり嵐? コロナ禍で今年の紅白は演出どう変わる

公開日: 更新日:

 NHKがついに決断を下した。

 新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、地上波放送の可否が問われていた大みそか恒例の「第71回紅白歌合戦」。先ごろ催された幹部会で「放送継続」との意見書が取りまとめられたという。

「もちろん意見書には『コロナ禍における状況を鑑みて臨機応変に即応する』とのただし書きが添えられていたそうです。基本、番組制作に関しNHKの理事会は承認するだけで余程のことがない限り、物言いを付けたりはしません。今年の大みそかの紅白は事実上の決定事項ということです」(NHK関係者)

 では実際にNHKはコロナ禍においてどのような演出を行うのか。

■「通常班」と「リモート対応班」に分かれて準備中

「現在、紅白制作に向け、2つの班が立ち上がった。ひとつは、これまで通り通常の制作体制のA班。もうひとつはコロナを意識した無観客&ソーシャルディスタンスを実施するB班。当初はA班の方が人数が多かったが、いまやB班のスタッフの方が圧倒的に増えている。すでに200人規模の陣容だ」(前出のNHK関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  7. 7

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  8. 8

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

もっと見る