フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

公開日: 更新日:

 どんな先輩にでも「タメ口」。それが売りだったが、憧れの“トットちゃん”だけは別格だったようだ。

 大ブレーク中のタレントでYouTuberのフワちゃん(26)。7月10日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)に出演し、司会の黒柳徹子(86)を「徹子さん」と“さん付け”したことで、ネット上がざわついた。

 今年に入ってから、テレビで見ない日はないと言ってもいいぐらいに大人気のフワちゃん。「ORICON NEWS」が10日発表した「2020年上半期ブレイク芸人ランキング」では、見事4位にランクインした。常にハイテンションで、芸能界の先輩にもタメ口でガンガン絡んでいくのがフワちゃんのスタイルなのだが、「徹子の部屋」では、ほぼタメ口の中にビミョーに敬語が交じるという珍しい状況になった。

「少し前に祖父から『芸能界の先輩に敬語を使いなさい』と注意を受けたと、番組内で明かしたフワちゃん。それが影響したのか、はたまた小学生の頃に読んで感銘を受けた本が『窓ぎわのトットちゃん』であることから、その作者である徹子さんに緊張したのか。いずれにせよ、いつものフワちゃんらしからぬ様子が垣間見えました」(テレビ誌ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  9. 9

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  10. 10

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

もっと見る