ジャルジャル後藤淳平の野望「欲深いんで夢は尽きない」

公開日: 更新日:

 お笑いコンビ「ジャルジャル」後藤淳平(36)の初単独主演映画「ロックンロール・ストリップ」(ベストブレーン配給)が14日から公開となる。大阪のストリップ劇場を舞台に、映画監督を夢見る劇団座長が、売れない劇団員と奇跡のパフォーマンスを繰り広げる痛快エンターテインメント。主人公の木村勇太は理不尽な環境に七転八倒するが、後藤自身の下積み時代はどうだったのだろうか。

  ◇  ◇  ◇

「主演と聞き、僕の出来次第で作品の良し悪しが変わるんちゃうかと不安だったんですが、芸人を始めたときと重なる場面が多かったので、振り返って演じましたね。芸人も最初はお客さんを集めるのに苦労します。自分たちで場所を借りて、舞台を組み立て、手書きのチケットを手売りして、やっとの思いでライブをしても全然ウケなくてアンケートぼろくそ書かれて……。一生この生活なんちゃうかって思うような日々でした」

 ジャルジャルの名前が全国区になって久しい。夢は達成されたようにも見えるが、さらなる野望はあるのだろうか。

「欲深いんで夢は尽きないです。海外の単独ライブでは、『日本から来たコメディアンです』って自己紹介してもウケないんです。コメディアンの間口は狭く、アートのほうが受け入れられやすい。でも、僕らはただ笑わせたいだけやから、“笑い”というコンセプトで挑戦したい。作家の倉本(美津留)さんに『アートのような構成のネタが多い』と太鼓判をいただいたので、いつかパフォーミングアートのような見せ方ができればと、コツコツと取り込んでいます」

「結果アカンかったとしても芸人を辞めることはない」

 ユーチューブやオンラインネタサロンを開設。コロナ禍でも毎日1ネタをアップし、SNSでの話題を絶やさない。走り続けるために大事にしてきたモットーは?

「ベタですけど、初心を忘れずにですね。高校の頃、相方とお笑いして遊んでいたときのワクワクを忘れないということ。原点を忘れなければ何があっても大丈夫。お笑いを仕事にできて、お客さんに笑ってもらえるのはなんてぜいたくなことなんだろう、これ以上何を求めんねんって。最近では周り人たちも幸せな気持ちなってもらえる生き方をしたいなと思っています

 芸歴17年。初心を忘れず、単独初主演に臨んだ本作は世代を問わず、野心に燃える人たちに見て欲しいという。最後に芸人になる夢をかなえた“決め手”を聞いた。

「あがくのは大事。その時間は全く無駄ではないし、そうしなければ見えてこないこともある。僕も当時は先が見えなくて悩んだけれど、結果アカンかったとしても芸人を辞めることはないし、一生やるんやし、だからそんなに悩まなくてもええかなって考えたら楽になりました」

(聞き手=白井杏奈/日刊ゲンダイ)

▽ごとう・じゅんぺい 1984年、大阪府出身。NSC大阪校25期生。2003年に福徳秀介とお笑いコンビ「ジャルジャル」結成。フジテレビ「めちゃ×2イケてるッ!」(2010~18年)に出演するなどバラエティー番組で活躍中。 現在はユーチューブ「ジャルジャルタワー」「ジャルジャルアイランド」、ネタサロン「ジャルジャルに興味ある奴」を開設。

ロックンロール・ストリップ

『ロックンロール・ストリップ』

原作:木下半太『ロックンロール・ストリップ』(小学館文庫)
監督・脚本:木下半太
出演:後藤淳平(ジャルジャル)、徳永えり、智順、三戸なつめ、坂口涼太郎、やべきょうすけ/木下ほうか ほか

8月14日(金)よりテアトル新宿ほか全国順次公開

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

    元俳優・遠藤雅さん NHK朝ドラ「ひまわり」をピークに仕事減り、コンビニでバイトの日々

  2. 2
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  3. 3
    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

    巨人CS自力進出消滅に加え…初の「2年連続負け越し監督」が来季も続投で本当にいいの?

  4. 4
    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

    安倍氏「国葬」武道館はガラガラ危機! G7首脳参列ゼロ、“大票田”の各界代表がソッポ

  5. 5
    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

    自民党に塩を送る野田佳彦氏の「国葬出席」…見返りが「追悼演説」なのか?

  1. 6
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  2. 7
    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

    安倍時代が残した最大の負の遺産は「国力が衰微しているという事実が隠蔽されている」こと

  3. 8
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 9
    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

    フリーアナウンサー・小倉淳さん 弟のようにかわいがってくれた西城秀樹さんの思い出

  5. 10
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット