荒木経惟
著者のコラム一覧
荒木経惟写真家

1940年、東京生まれ。千葉大工学部卒。電通を経て、72年にフリーの写真家となる。国内外で多数の個展を開催。2008年、オーストリア政府から最高位の「科学・芸術勲章」を叙勲。写真集・著作は500冊以上。最新刊に傘寿記念の書籍「荒木経惟、写真に生きる。荒木経惟、写真に生きる。 (撮影・野村佐紀子)

<10>披露宴で妻・陽子のヌードを上映したら祖母が寝込んだ

公開日: 更新日:

 陽子と初めて会ったのは、電通の企業案内誌を作るというときに、それに載せる写真を撮るっていうんで、いろんな部署をまわったときなんだ。若い女の子が集まっている和文タイプ室(総務局文書部)でね、陽子に会った。ローライで撮ったこの写真、陽子がセンターにいるだろ。意識的じゃないけど、無意識に真ん中に陽子を置いて、他の女は脇役だね。でも内緒だけど、もう一人、気になるのがいて、すかさずオレ、ナンバーツーを脇に座らせて(笑)。陽子の隣に寄りかかってる正座の女だよ、なっ、そう言われるとわかるだろ、オレの好みがね(笑)。

 陽子は白鴎高校を出てたんだ。オレは上野高校だろ。陽子は最初、オレに声かけられたときは、下駄履いて赤いTシャツで電通に来ているから、この人何だろうって思ったらしいよ。「これ終わったらオレのスタジオがあるから来い」なんて言うしさ。スタジオを自由に使えたからね。あの頃の電通は懐がでかいから(笑)。そこで、パッと、どさくさにさ、「オレはモディリアーニが好きだけど、そんなふうには撮らないから。<アラ>キスリングに撮るから」って言うと、通じるんだよ。そんでね、向こうが安心したのが、単なる不良じゃないってこと。「え? 上野高校?」って。その頃はさ、白鴎の女と上野高校の男っつうのがコンビなんだよね(笑)。生まれもオレん家の三ノ輪に近い千住だったんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    他球団は困惑…前ソフトB内村「ヤクルト入り報道」の波紋

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    伊藤健太郎に映画「ブレスあの波の向こうへ」を処方したい

  4. 4

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  5. 5

    内川聖一がソフトB退団を決意した工藤監督の“塩漬け”姿勢

  6. 6

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  7. 7

    バイデンは大丈夫か? 彼はいつも戦争判断を間違えてきた

  8. 8

    「鬼滅」実写化で民放争奪戦 なぜフジに権利付与されず?

  9. 9

    ホテルの嘆き…GoToキャンペーンで日本人の醜い姿が露わに

  10. 10

    小池都知事の噴飯コロナ対策 ドヤ顔「5つの小」に批判噴出

もっと見る