「タリオ 復讐代行の2人」にはウケるドラマの要素が凝縮

公開日: 更新日:

 コロナ禍でみな気分がめいっているからか、キュートな若手女優が明るく活躍するコメディーが、テレビドラマの人気だ。仕事は大好きだけど、家事はからっきしダメ、恋愛奥手のアラサーを多部未華子が演じた「私の家政夫ナギサさん」(TBS系)は、スタッフも驚く快進撃で、最終回は世帯視聴率20%寸前までハネ上がった。

 春ドラマの「美食探偵 明智五郎」(日本テレビ系)では、小芝風花のいつも事件に巻き込まれてしまうキッチンカーの店主が、コミカルで軽妙だった。やはり春に放送された「行列の女神~らーめん才遊記~」(テレビ東京系)の黒島結菜は、舌はたしかだが、失敗ばかりの新人ラーメンコンサルタント役が似合っていた。

 そして今度はNHKで、浜辺美波を主役に、ムダに正義感が強い世間知らずの元弁護士が、怪しげな詐欺師(岡田将生)と組んで、ワルを懲らしめる痛快ドラマ「タリオ 復讐代行の2人」が始まった。レイプなど悪事をはたらきながら、法の網をくぐってのさばっている連中を、泣き寝入りさせられた被害者に代わってコテンパンにする。「私、実は、司法研修所を首席で卒業しました」が決めゼリフで、早くもネットでは「浜辺のマイペースな女性元弁護士が、岡田のしたたかな詐欺師に突っ込まれ、アタフタするところが笑える」と話題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  7. 7

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

  10. 10

    岡村隆史は自称“風俗オタク”…結婚生活はうまくいくのか

もっと見る