神田松鯉
著者のコラム一覧
神田松鯉講談師

昭和17年生まれ。群馬県出身。新劇・松竹歌舞伎などの俳優を経て、昭和45年2代目神田山陽に入門。昭和52年真打ち昇進。平成4年3代目神田松鯉を襲名。令和元年重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定。

史実を例にしたビジネス講談が大ウケ

公開日: 更新日:

 前回からの続き。ビジネス講談とは実際はどんなものか。

「建設業界からは『安全講談』をやって欲しいと頼まれて創作しました。また、『QC(品質管理)講談』もやった。あちこちから頼まれて全国を回りました」

 今風にいえば、講談を聞きながらコンプライアンスやらリスクマネジメントを学ぶ。

「『QC講談』は戦国武将を例にあげてやりました。豊臣秀吉の『墨俣一夜城』を題材に。織田信長の命令で、佐久間信盛や柴田勝家ら大勢の重臣が築城に失敗しています。ところが、秀吉は『7日のうちに完成させます』と言って見事に成功する。なぜ秀吉は成功したのか? 他の家臣はなぜ失敗したのか? 一つ一つ事例をあげてひもとくとQCの核がみえてくる。『赤穂義士討ち入りにみる安全管理』も作りました。安全の要点は『まさかの発想』と『もしもの発想』との違いというのがテーマ。吉良上野介の失敗は安全意識がなかったからという話にしてね。吉良が『もしも浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が逆上しての俺に斬りかかってきたら?』という心構えでいたら、殿中松の廊下で浅野に斬りつけられることはなかったはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

  3. 3

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  4. 4

    再燃した「サクラ疑惑」は権力者同士の泥仕合なのか

  5. 5

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    黒木瞳“監督”に映画界から三下り半「十二単衣…」が大コケ

  8. 8

    ステージ4突入間近 感染爆発招いた大阪維新「3つの大罪」

  9. 9

    二階氏の「春謳歌」続く 強靭化5年延長も菅首相が満額回答

  10. 10

    不仲の菅と小池「GoToを止めるな!」で利害一致の国民愚弄

もっと見る