二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

報道の基本はニュートラルも…メリー氏に屈したメディア

公開日: 更新日:

ジャニーズのルーツ編(26)

 芸能界を代表する巨大芸能プロとなったジャニーズ事務所。タレントが増えるにつれ事業も拡大。乃木坂に100億円近いビルを購入し、これまで分散していた関連会社を集約した。藤島ジュリー景子社長の下、ワンチームとなって強固になったように見える。

 かねてジャニーズは「アリ一匹入れない」と言われた要塞。アリが入るどころか出てくることもなかったはずが、最近になってヒビが入ってきている。内部からは相次ぐタレントの不祥事に退所。さらに、外敵からの攻撃にもろさが見え始めている。ジャニーズにとって最大の外敵がメディア。特にアイドルはスキャンダルに弱い。

 人気優先のアイドルにとって恋愛発覚は命取りといわれてきた。発覚するたびに「恋愛と仕事、どっちを取るの」とメリー氏の言葉で恋愛を断念してきた話はつとに知られているが、木村拓哉の結婚で潮目は変わった。恋愛も結婚も許容範囲内で認められるようになった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  6. 6

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  9. 9

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  10. 10

    ワクチン後進国の日本が“変異株リスク”…米外交専門誌が警鐘

もっと見る