イタリア映画「ワン・モア・ライフ!」は必見コメディー!

公開日: 更新日:

 イタリア映画というと、ベネチア国際映画祭が世界3大映画祭のひとつに数えられるなど、芸術性の高いイメージがある。日本でも「ニュー・シネマ・パラダイス」(88年)、「ライフ・イズ・ビューティフル」(97年)といった良質な人間ドラマは今も高く支持されている。だが、近年注目されているのはコメディー作品の質の高さだという。映画批評家の前田有一氏が語る。

「古くは50年代にも多くのコメディー映画が作られましたが、最近では『おとなの事情』(16年)が世界18カ国でリメークされるなど引っ張りだこで、日本でも今年1月に東山紀之主演で『おとなの事情 スマホをのぞいたら』として公開されました。大人の鑑賞に堪える小粋な作品が目立ちますが、本国で大ヒットした『ワン・モア・ライフ!』はその最たるものです」

■イタリア版「100日後に死ぬワニ」かと思いきや…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜の地上波激減に友近真っ青…大きすぎた反旗の代償

  2. 2

    巨人投壊の犯人は誰?桑田補佐「投げ込み奨励」が目の敵に

  3. 3

    大阪の“二の舞”か5.4万人入院できず…迫る最悪の医療崩壊

  4. 4

    大谷二刀流が意外な不人気の謎解き 報道とファンは対照的

  5. 5

    オリラジ藤森慎吾 “司会1時間1000万円”オファー断った嗅覚

  6. 6

    夏目三久“女子の本懐”と玉の輿 フリーアナ戦線から一抜け

  7. 7

    「リコカツ」永山瑛太の新機軸 守られたい女子急増の予感

  8. 8

    小池都知事が大誤算…「東京五輪中止」ブチ上げの効果消失

  9. 9

    ポスト夏目三久は誰?引退で熾烈な“椅子取りゲーム”が勃発

  10. 10

    三田寛子が不倫を繰り返す夫・中村芝翫と離婚しない理由

もっと見る