吉岡里帆は“あざとくない” クイズの設問の方がズレている

公開日: 更新日:

 まるで揚げ足取りみたいだ。5日放送の「ネプリーグ」(フジテレビ系)に出演した吉岡里帆(28)が、モノの料金や値段を当てるクイズに挑戦し、正解をことごとく外したことについて、「金銭感覚がズレている」「あざとさが際立つ」といった批判的な記事が並んだ。

 吉岡は手紙の郵便料金を「180円」(正解は84円)と予想し、「JR東京駅から舞浜駅の運賃」を「950円」(正解は220円)などと答えた。これに対し、「あざとさが見えて引いた」「わざと変な感じに答えているところがあったような……」といったネット上の声を拾い集めたものがニュースとして報じられた。

 しかし、メールが普及したことで国内の郵便物数は、ピークの2001年度の262億通から、17年度は172億通へと大幅に減少した。郵便料金を正確に答えられる人がどれだけいることか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

もっと見る