吉岡里帆に好機!低視聴率“あざとかわいい”女優脱却の勘所

公開日: 更新日:

 鈴木亮平(37)が主演し、吉岡里帆(28)がヒロインを務める連続ドラマ「レンアイ漫画家」(フジテレビ系)が4月期に放送される。吉岡が主役級で連ドラに出演するのは実に3年ぶりのこと。昨年のCM出演本数は9本と超売れっ子で好感度も高く、演技派としても知られているのに、吉岡は“視聴率の取れない女優”のイメージが定着してしまっている。

「今回のドラマはラブコメで、吉岡さんは不器用で純粋な恋愛ベタな女性を演じます。これが吉と出るか凶と出るか。いずれにしろ、主演女優として復活できるのか試金石となるのは間違いありません」(民放ドラマディレクター)

 吉岡は15年のNHK朝の連続テレビ小説「あさが来た」で、丸メガネの「のぶちゃん」こと田村宜役で注目を集めた。

 17年の「カルテット」(TBS系)で元地下アイドルの魔性の女を演じて一気に人気女優に上り詰めると、翌年には「きみが心に棲みついた」(TBS系)、「健康で文化的な最低限度の生活」(フジテレビ系)と2本の連ドラで主演を務めた。ところが、ともに大コケ。さらに同年に2本の映画にも主演したが、興行的には振るわなかった。作品に恵まれなかったといえばそれまでだが、理由は他にもある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  3. 3

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  6. 6

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

もっと見る