古希超えの仁左衛門と玉三郎が“前代未聞 月またぎ”に挑戦

公開日: 更新日:

 コロナ禍で再開してからの歌舞伎公演は、上演時間1時間前後以内という制約から、舞踊劇や一幕で終わるものばかりが上演されてきた。それはそれで満足のいくものもあったが、やはり物足りなかった。

 2月も玉三郎と仁左衛門は鶴屋南北の「於染久松色読販」を上演したが、通しではなかった。だが、これで2人は手応えを感じたのではないだろうか。「桜姫東文章」の、仁左衛門・玉三郎での上演が、1985年以来、36年ぶりに実現した。

 長い芝居で、2人の年齢を考えると体力的にもう無理と思われていたが、コロナ禍での上演時間の制約を逆手にとって、4月は前半だけ、後半は6月に上演する形だ。「仮名手本忠臣蔵」のように長い芝居を昼の部・夜の部の通しで上演することはよくあるが、このように月を越えての上演は、たぶん前例がない。「仁左衛門・玉三郎で桜姫」と発表されると同時にツイッターには歓喜の声があふれ、チケットは完売のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る