宮迫は吉本から警告 独立芸人が気づかない“暗黙のルール”

公開日: 更新日:

 最近“独立タレント”の身勝手な行動に注目が集まっている。ヤミ営業問題の宮迫博之(51)は、吉本芸人に対して自身のユーチューブとのコラボを直接交渉で進め吉本から“直営業”はやめるよう通達されたと報じられた。

 昨年独立したオリエンタルラジオ藤森慎吾(38)も事前打ち合わせを本人としたものの、現場で「話が違う」と言い度々トラブルになったり、吉本時代の担当マネジャーを引き抜いたりと自分勝手な行動が目立つと業界内からブーイングが出ていると報じられている。

「後輩芸人とはいえ、所属事務所に声がけするのが当然。ましてや古巣の吉本に声がけしない宮迫は非常識です」(吉本興業関係者)

事務所に不義理してでも進めるなら…

 芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

「独立後、前事務所時代からの取引先からオファーがあれば“こういう仕事をいただいたけれど受けてもいいか”とお伺いを立てるのが筋。前事務所も聞かれれば嫌とは言わないし、オファーしたテレビ局なども安心して起用でき、タレントとして信用度も高まります。事務所に不義理しても進めるならフィールドを変えるしかなく、たとえば、手越祐也さんはコロナ禍に複数で飲食店で飲んでいたなど問題行動を起こして事務所を飛び出しましたが、主戦場をユーチューブに変えました。アイドルからは足を洗い、ジャニーズの曲は歌わず、ジャニーズの交友関係を利用していない。このぐらい潔くいられたら文句のつけようがありません」

 暗黙のルールというより、本人の人間性の問題か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  5. 5

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  6. 6

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  7. 7

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  8. 8

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  9. 9

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

  10. 10

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

もっと見る