吉田類が語る「酒と愛猫ララとの日々」コロナで家飲み派に

公開日: 更新日:

 コロナ禍により自宅でペットと過ごす時間が増えた方も多いだろう。先が読めない不安も、いつもと変わらぬ様子でくつろぐ猫の前では静まり、多くの人が心癒やされているようだ。「酒場放浪記」などで知られる酒場詩人の吉田類さんもまた、3歳になるノルウェージャンフォレストキャットの“ララ”を相手に家飲みを楽しんでいるという。

 ◇  ◇  ◇

「お手数だけど掲載する写真は確認させてもらえる? いやぁ、僕のは別にいいんだけど、ララがちゃんと可愛く写っているか気になるので」

 酒場では酒飲みたちと絶妙な距離感で接する類さんも、愛猫ララにはベタベタの溺愛だと拝察した。ステイホーム期間ずっと一人と一匹で過ごしたという東京都下・八王子のアトリエで、類さんは愛猫の写真写りとご機嫌を気にする。

「ベランダに面した角のキャットタワーが、野鳥を間近で監視できるララの特等席なんです。そこまで一気に駆け上っていくのを見たら、必ず拍手してあげてくださいね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日ハム栗山監督にファンが退任勧告も…後任不在の痛し痒し

  2. 2

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  3. 3

    玉木宏だからハマッた?「桜の塔」2ケタ視聴率キープの謎

  4. 4

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  5. 5

    山下智久「ドラゴン桜」再出演を阻む“3つのアクシデント”

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    今からもらえる給付金・補助金 こんなに申請受け付け中!

  8. 8

    “親分の孫”野球エリート元慶大生 給付金詐欺で逮捕後の今

  9. 9

    今ごろインドを変異株指定…呑気な水際強化が招く次の恐怖

  10. 10

    安倍晋三がなぜ?「菅首相が継続すべき」発言“真の狙い”

もっと見る