社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

公開日: 更新日:

 静岡放送のお騒がせ女子アナが、1日付で同社が運営するカルチャーセンター「SBS学苑」(静岡校)に異動となった。

 今年3月、写真週刊誌「フライデー」に報じられた原田亜弥子アナウンサー(40)と、同社の社長だった大石剛氏(51)のダブル不倫疑惑。大石氏は同月9日付で社長を退任し、非常勤取締役に。原田アナは同11日付で総務局付になっていた。

 GW明け、騒動から約2カ月ぶりに出社した原田アナは、アナウンス部以外の各部署を回って謝罪行脚。「現場の皆さんに迷惑をお掛けして申し訳ございません」と目に涙を浮かべて頭を下げたという。

「果たして心からの反省の涙なのか。古巣のアナウンス部は先月、謝罪拒否と復帰断固反対の意向を示していた。それなのに堂々の復帰ですから、まさに鋼のメンタルです。カルチャーセンターでは窓口業務をするそうですが、早くも現場から『迷惑』だとの声が上がっている。本社とは別の建物ですが、真向かいにあるので社員食堂などで、また顔を合わせる。カルチャーセンターは県内の浜松市や沼津市、藤枝市にもありますが、本社近くの静岡校勤務になったのも、前社長の意向ともっぱらです。すでに現場には『丁重に扱え』と指示が出ているそうですから。原田アナ本人も復帰早々、『何かあれば、どうなるか分かっているだろうな』と前社長の威光をちらつかせているそうです」(静岡放送関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  3. 3

    上田晋也がコロナ感染…五輪キャスター+レギュラー7本の日テレに大激震!

  4. 4

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  5. 5

    メダルラッシュでも広告入らず…東京五輪スポンサー大手紙の誤算

  6. 6

    有村架純と大相撲・明生関に交際情報 所属事務所が“強烈かち上げ”激怒の全否定

  7. 7

    A.B.C-Zの河合郁人が“MC力”で頭角 ジャニーズ五輪キャスター勢の新星に

  8. 8

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  9. 9

    【スケートボード】史上最年少金・西矢椛と銅・中山楓奈 メダリスト2人の“家庭の事情”

  10. 10

    有村架純は岡本圭人との復縁説をスルー…交際報道の“もう一人の当事者”明生は沈黙

もっと見る