のん進まぬ女優復帰…CMやキャンペーンは引っ張りだこでも

公開日: 更新日:

 春の火災予防運動のキャラクターに女優の、のん(27)が就任し、あまちゃんに出演していた頃と変わらぬ透明感が評判になっている。またSDGs(持続可能な開発目標)の認知拡大のための発信者「SDGsPeople」の第1号にも就任しており、都内の駅では両方のポスターで2人の“のん”が共演しているところも。

 “のん”はドラマなどテレビのレギュラー出演はなくとも常にCMやキャンペーンキャラクターで引っ張りだこ。「あまちゃん」以来、東北復興のシンボル的存在でもあり、先月27日には「東日本大震災復興10年 復興応援コンサート『がんばろう東北』~のん おうちで観るライブ~」にも出演した。「じぇじぇじぇ」がはやった「あまちゃん」が放送されたのは2013年、のんはまだ19歳だった。ところが15年に事務移籍騒動に伴い、本名の「能年玲奈」が使用できなくなり、16年に「のん」に改名。その後、地上波ドラマには復帰できず苦戦を強いられている。芸能リポーターの川内天子氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    有吉弘行は夏目三久と出会い10年“徹底秘密主義”の仰天逸話

  4. 4

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  5. 5

    桐谷美玲ら発掘 名物女社長のパワハラ&セクハラ疑惑と手口

  6. 6

    小池知事また圧力か?子飼いの都議が“竹山番組”ドタキャン

  7. 7

    有吉弘行&夏目三久が結婚 5年前の“幻のスクープ”報道とは

  8. 8

    小室圭さん「国民感情にゼロ回答」でご結婚は前進するのか

  9. 9

    加藤浩次の首筋が寒すぎる…吉本は「ラヴィット!」を支援

  10. 10

    東京まん延防止適用 3度目宣言のカウントダウンが始まった

もっと見る