ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

「芸能界水泳大会」騎馬戦の思い出…目の前でポロリなのに

公開日: 更新日:

 ず~っと前に「チラリズム」という言葉があったのです。

 それは、たとえば「どぅやー! これが女性器のアップの写真や!! さあ、ジックリとご覧あれー!!」というド真ん中160キロ超えのストレート勝負(?)ではなく、たまたま偶発的に発生したエロチシズムのことなのだ。

 春風のいたずらでスカートがまくれ上がり、下着がチラリと見えたとか、水着の上に着ていたTシャツを脱ごうとして水着のブラがズレてハミ乳になった瞬間を目にしたというのは男性側からしたら、それはそれはラッキーなことだったのです。

 あの瞬間の得した感というのはなんなんでしょう? 現在はネットで何から何まで丸見えのようですが、やっぱり偶然とかアクシデントやハプニングの中でのエロチシズムというのは現在過去未来、別格のものだと思うのですが……皆さまいかがでしょうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  6. 6

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

  10. 10

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

もっと見る