ダンカン
著者のコラム一覧
ダンカンお笑いタレント・俳優・放送作家・脚本家

本名・飯塚実。1959年、埼玉県毛呂山町生まれ。落語家を目指し立川談志に弟子入り。「立川談かん」として活動した後、たけし軍団入り。お笑いタレント、俳優、放送作家、脚本家と多才で、現在はTAPの専務取締役。

稽古場でデビュー前の松田聖子さんを見て固まった俺

公開日: 更新日:

 ちなみに、審査員の席にはブッチャーブラザーズのほかにサンミュージックのマネジャーのイトウさん(この方にはお世話になりました)とライブの構成を担当する作家のミヤザワさんがいたのだった。

 実はこのミヤザワさんは宮沢章夫さんという人でとてつもなく大きい「岸田國士戯曲賞」(1992年)を受賞するわ、文学でも「伊藤整文学賞」(2010年)を受賞するわ、芥川賞や三島由紀夫賞で候補になったり、大学の教授になったりとなんかスゲー人だったのです!! なんでそんな人が? と思うでしょうが、当時の宮沢さんは大竹まことさん、きたろうさん、斉木しげるさん、いとうせいこうさん、竹中直人さん、中村ゆうじさんらと交友するお笑いの人だったのです。一期一会、人間の縁て不思議だよね~!! =つづく

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  3. 3

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  4. 4

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  5. 5

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  6. 6

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  7. 7

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  8. 8

    篠原涼子が忘れられなかったスポットライトの快感…妻の座を捨て次なる高みに

  9. 9

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る