芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイデジタルや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

加藤綾子1年遅れのスーパー玉の輿婚は誤差圏内か大誤算か

公開日: 更新日:

スポーツ紙などの報道によれば、その後、Aさんとは昨年夏頃から交際をスタートさせ、1年くらいでゴールインしたことになる。

■以前からの知り合い

「もっとも、加藤さんはAさんとは以前からの知り合いでした。“近からず遠からず”の距離感を保ち続けてきましたが、NAOTOとの関係を完全に清算した後、加藤の方から『色々と相談したいことがある』とAさんにコンタクトを取ったそうです。Aさんに心の傷を慰めてもらっているうちに結婚を意識するようになったのでしょう」(前出・フジテレビ関係者)

さらに別の芸能関係者は、加藤の“異変”を今年始め頃から感じ取っていた。

「これは某キー局の女子アナから指摘ですが、加藤さんが突如として左手薬指に“セルフ・ネイル”を施し、女子アナの間で話題になっていたというのです。左手薬指の爪に宝石をあしらったのですが、周囲は『カトパンがさらにキレイになった』と騒ぎ立て、『大事な左手薬指に……きっと何かある』と怪しんでいた。その答えが今回の電撃結婚だったというわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  2. 2

    カンニング竹山“小山田圭吾批判”の急先鋒も…14年前の“後輩いびり”に違和感の声

  3. 3

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  4. 4

    小室圭さんが再び迫られる金銭トラブルへの対峙 眞子さまは関与囁かれ“バッシング”が

  5. 5

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

  6. 6

    韓国テレビ局MBCが東京五輪報道で“珍プレー”連発…「国の恥」と最も怒ったのは韓国人だった

  7. 7

    萱和磨は「できるけどやらない」秀才高校生だった【「銀」体操男子 若き4人の素顔#3】

  8. 8

    宮崎美子&斉藤慶子に続く「奇跡のビキニ姿」は? “アラ還”美熟女争奪戦がぼっ発!

  9. 9

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  10. 10

    小山田圭吾、小林賢太郎、竹中直人…開会式辞任ドミノ「吉本興業」に衝撃走る

もっと見る