井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

“飛ばし見”して粗筋が分かった気でいても何も感極まることもない

公開日: 更新日:

 先週、子供らが学校の授業でパソコンばかりじゃ学力がつくどころか何も脳ミソの中に残らないし、Z世代はスマホなしじゃ精神不安、「スマホ脳」で他人の「いいね」ばっかり気にしてたら、もうアウトだぞと書いた直後、また、アウトな話が聞こえてきた。

 AmazonプライムやNetflixの配信ドラマや映画を1・5倍速で見るのは常識で、画面の10秒送りも当たり前、会話が止まる無言芝居や静かな風景場面の「飛ばし見」も増えているというのだ。作り手には嘆かわしい話だ。雑誌記事にもあったが、女性ユーザー会員らではやった韓国の「愛の不時着」も、主人公らの恋愛がらみの場面以外は早送りで見て、あんたは業界人かと問いたくなる“視聴の達人”が多くいたとか。

 ドラマの中身が劣化しているからだとは片付けられない。確かに、猿の惑星のお猿さんなら分かるようなおとぎ話がいっぱいある。見るのがかったるくて時間の惜しい人間は飛ばし見で当然だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  3. 3

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  4. 4

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  5. 5

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  6. 6

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  7. 7

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  8. 8

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  9. 9

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る